堤防沿いの砂に埋もれた道を原付スクータ(レッツ4)にて

| コメント(0)

写真では砂浜に入り込んでいるように見えますが、海水浴場に繋がる堤防沿いの道です。
オフシーズンと言う事もあるのと、春の訪れを告げる強風で、
小学生高学年ぐらいの高さの堤防を越えて、海岸から防風林までは砂浜のようになっています。
※僅かに見えるコンクリートが堤防です。
堤防周辺なんて砂丘になっていました。(笑)
海岸線にてレッツ4
バイクで砂場を走るの時は転倒する事を前提に徐行運転。
いつでも扱けそうになっても良いように、足ブレーキも準備(笑)
アクセルワークを不用意に吹かしすぎるとリアが埋まったり、ブレーキ掛けるとクルット横向いたりする。
プチオフロードを走っているようで面白い。
他の車両が来たら路肩に避けるが。。。たまに砂場に埋まって動かなくなる。
でも、原チャリ(スクーター)なので、リアをグイグィを持ち上げて自力で脱出

花や風景、サーフィンしている姿を眺めながら、砂浜周辺の道を2~3周
砂のおかげで、バランスの取り方や効率の良いアクセルワークを勉強。
また、速度が遅いので、転倒するまえのバイクの挙動をコントロールしかたを勉強。。。。したかな?(笑)


注意;
響灘~玄界灘に面した砂のある海岸線は、海がめが産卵しに来たり、
 生まれた海がめの子供が海に向ってパタパタする、自然が息づく海岸線です。
堤防を乗り越えて、砂浜を車やバイクで荒らさないようにね(^人^)

コメントする