レッツ4ツーリング

| コメント(0)

バイク屋さんで油を売った帰道。
 まだ、まだ、日に余裕があるので、遠回りとばかりに新門司経由で帰ることにした。
新門司の港を眺め、山を越えて門司駅前に出る。
小倉方面へと走ると、手向山公園の入口に宮本武蔵の看板を発見
手向山公園
何かな?と思って手向山公園によると、宮本武蔵の石碑を発見
NHK大河ドラマで建てたかと思っていたら、宮本伊織さんが1654年に建てた碑文が建てられていた。
宮本伊織さんは今の北九州市にある小倉城が本拠地とした豊前小倉藩(小笠原藩)の家老で、宮本武蔵の養子だったそうです。
宮本武蔵の小倉碑文
石碑は自然の巨石だそうで、武蔵の遺言文字とと漢文が刻まれている。
兵法天下無双と書かれ、剣聖・宮本武蔵が歩んだ道のりが書かれているとか? 読める方は挑戦してみてください。
その近くには巌流島の決闘で有名な佐々木小次郎を偲ぶ、昭和27年に村上元三氏の句"小次郎の眉涼しけれ つばくらめ"が刻まれている
佐々木小次郎を偲ぶ記念碑
今は観光客というよりは、近所の親子が遊ぶ公園となってます。
周辺は背の高い木々の森といった感じなのでが、3F? 4F建ての展望台を昇ると
関門海峡や下関・彦島が見えます。
手向山公園

コメントする