2008年2月アーカイブ

 

     DR-Z400SM ローダウン Ⅱ

| コメント(0)

DR-Z400SMのフロントをかなり下げてみました。

前回のツーリングで、バイクセンターの店長が乗っているDR-Z400SMがハンドルアップしていた。
聞くとブレーキなどのワイヤーを交換しないで良いというので、ハンドルアップライザ-を購入しました。

モタードはフロントを押さえ込むように戦闘的な感じでバイクに乗りますが、ツーリングで利用するには疲れやくなります。
ツーリング利用される方はハンドルを少しアップして体が楽なようにします。
※長距離ならスーパーカブのゆうなポジションが楽チンなんです。

フロントを0.5cm、リアを3.0cmのローダウンにすると、狼だったことを忘れた豚といった感じでツアラータイプのオフ車といった乗り心地です。
今回、フロントを1.5cm、リアを3.0cmのローダウンにし、ハンドルを0.5cmアップにすると見た目はセローのような林道ツアラーのようなスタイルになりますが、
モタードといったイメージが薄れますが、ノーマル状態に、リアの羽根を少し柔らかくしたような走りになりました。
う~ん。 日帰りツーリングで、1日500km/hは走るので、フロントを1.0cm、リアを3.0cmのローダウンで、ハンドルを1.0cmアップにしようかな?
リアの踏ん張りが弱いので、リアサスペンションを交換すると高価なので、スプリングだけでも硬いものと交換しようかな?

DR-Z400SM用のハンドルアップライザ-
DR-Z400SM用のハンドルアップライザ-を付けてた図


店長のDR-Z400SMと私のDR-Z400SMの比較
店長のDR-Z400SMと私のDR-Z400SMの比較

遠近がおかしい感じですよね? 又は、私のバイクがDR-Z250SM(販売されていませんが)のように見えてしまいます。

ノーマルのDR-Z400SMとローダウンしたDR-Z400SMと比較しました。
撮影の仕方が悪いですが、かなり低くなっているでしょう?
信号待ちでバイクを支える時の状態ですが、
 ノーマルはバレリーナのように足の指でバイクを支え
 リアノミのローダウンは片足で爪先立ちという感じ
 前後ローダウンすると、両足で爪先立ち。。。踵(かかと)が地面に付かないといった感じ
ノーマルシートだったら、両足がべたと付きそうですね。

横から撮影すると、小さいと見えませんが、
店長のDR-Z400SMと私のDR-Z400SMの比較
バイクセンターの店長のDR-Z400SMはモタード仕様でレースにも参加できるといった感じですが、
私のDR-Z400SMは、写真の状態にカーナビが取り付くので、
 早い話は、DR-Z400SMのツーリング仕様、格好よく言って「ラリーレイド」仕様に近づけているという感じかな? 言いすぎ?(笑)

 

     DR-Z400SMライトバルブのH4化

| コメント(0)

DR-Z400を愛用している友人からライトが暗いというので、DR-Z400SM(初期型)を買ったと同時にHID化しました。
DR-Z400SMライトは原付用のライトと同じ。 スズキのレッツ4と同じバルブが使えるので、便利といえば便利なんですが。
公道を30km/hでしか走れない原付と、高速も走るバイクのライトと同じというには。 いや、DR-Z400SMの方が暗いような気がします。

そこでHID化しようと探すと、店長が何度もお薦めでないというメーカしか販売してなかった。
う~ん 清水の舞台から飛び降りるつもりでとHID化しましたが、
半年以内にHIとLOWの切替ができなくなり、クレームで交換。 しかしし、1年以内に運が悪いとライトが点灯しない。
結局、ノーマルに戻して、ツーリングが日が登る前に出発して、沈む前に帰ることにした。

セローのRAIDランプキット 又は DJEBELのライトと思ってバイク屋さんに話していたら
DR-Z400SMのイメージがなくなるから。 モタードでなくなるので、D-TRACKERのライトに交換してH4化しませんかとのこと。
H4化すれば、バイクのHID化するにも実績のあるメーカーのパーツが使えるというので、本日交換してきました。
DR-Z400SMライトバルブのH4化
DR-Z400SM純正のライトカウルを加工すればD-TRACKERのライトに交換できて、DR-Z400SMのイメージが壊れないというので交換
新しいD-TRACKERが発表されたので、そろそろこの技も使えなくなるかな?
DR-Z400SMライトバルブのH4化
見た目はノーマルライトと変わらないですね。
明るさライトパターンがスポットからワイドに変わったので、日が暮れてもツーリング可能かな?ってな印象。
周囲が明るかったので。。。。使用後の感想はそのうちにね。

まぁ、原チャリバルブのHID化で明るかったので、暗いと思えばHID化しますね。

前日は雪がちらほらと降っていたのでフル装備で出かける。
連休だから? 最近、ゆっくりと走る車が多いようで、
 原付の法定速度で流れていく。 集合時間が。。。汗(ノ<)
ルートを変更して、集合場所のバイクセンター北九州店にはギリギリセーフ。
バイクセンター北九州店

今年初のバイクセンターのツーリングではあったが、今回もメンバーはスタッフも入れて4名。
3年前までは20-30台で走っていたが、初心者向けツーリングに近いので、
 バイクセンタツーリングでツーリングの楽しみ方を覚えたメンバーは
  自分で企画できるようになって、一人抜け、二人抜けといった感じで寂しい限りである。
そろそろ、新しいメンバーが参加しないかな?

さて、話は戻し、福岡店との集合は宗像大社。 小倉駅からR199へと回り、
若戸橋を通り過ぎて、R495へに乗り越えた頃に、空模様が怪しくなって来た。
若松の海岸線を走る頃には雨? 雪? が振り出し。
 芦屋のコンビニで休息を取る頃には、あられが降り出して来た。

宗像大社にて、DR-Z400SM

あられから逃げるように走り宗像大社に到着
 到着して、あられが。。。。段々強く振り出した。。寒むい(((^^)))
本殿まで歩いて参拝する頃には青空が広がり、駐車場に戻った頃には晴れてきた。
 その後は青空が気持ちのよいツーリング日和となった。
宗像大社
バイクセンター各店からの参加者。 総勢80名で参拝して、80台のバイクで神湊スカイホテルまで、ツーリング。
対向車を走る車に子供が乗っていると、選挙カーのように手をふってくる(笑)

神湊スカイホテルで、和食定食かな?
 天ぷら、刺身、鍋は海老が入っている海鮮鍋と思っていたら、うどんも入れてうどんすき?
 アッサリ味で美味しかった。

神湊スカイホテルにて

厚着をしていたので汗びっしょり、お風呂で汗を流し。 しばし休息。
1時から定番のジャンケン大会をして。 欲しかったラジコンのバイクはGETならず。
海岸で記念写真といって集まっても、カメラがないと探していたら屋上から社長達が。。。。
バイクセンターの「BC」の一文字を作るとかで、スタッフが砂に文字を書いていた。
どんな感じに映っているんだろう?

脇田温泉と犬鳴峠の入口付近

ホテルからは左手に玄界灘や響灘を眺めながら波津海岸へと走っていく。
冬の海は激しく。 サーファーが喜びそうな高い波や海岸から離れているのに波頭は白く。 そして、重なっていく。
宗像へと一旦戻って、宗像ユリックスから磯辺山を越えて、脇田温泉と犬鳴峠の入口付近で休憩。
ここでバイクセンター福岡店のメンバーを見送りして、われわれ北九州店メンバー4台は北上していく。

この後、畑&河内貯水池を越えて、小倉南IC近くのモスバガーで雑談をしながら解散する。

 

     次のブームを狙って。

| コメント(0)

最近、若者の間でスクータが流行している。
流行??? いや、スクータのドレスアップが流行していると入った所。
昔からバイクに乗っている人たちは、バイクの楽しみ方が異なるので拒否する方も多い。

視点を変えてみると、一部の成功者をのぞいては。。。。
 エリートコースとは無縁のサラリーマンはバブルの前から年収は変わらない。
  出世しながら、残業時間を増やしながら変わらないのだから、減っていると考えていいだろう。
税金も高くなっているしね。

自動車が国内で売れない理由
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/118/

さらば「豊かな国日本」
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/news/080204_gdp/


バイクの話に戻すとスクータのドレスアップが流行は、
 車をドレスアップするのに世代が、改造する費用の捻出ができないので、スクータに移ったのでないか?
車でも、スクータでも、カッコいい車をベース車両として、世界で一台だけオリジナルに改造していったと思う。

人気のビックスクータを正面から見ると、そのメーカーのフラグシップと同じデザインである。
 例えばスズキであれば、スカイウエーブと隼の違いが判断できない。(笑)
 レースのベース車両に似た雰囲気で、安価であれば、ベース車両にしたくなる。

気になるのは、メーカーはブームに乗って、こてこてと色々とつけている。。
 とうとう、ヤマハはマジェスティーが大人気なので、250ccなのに400ccと同じ価格帯(70万円台)で販売
数年前に250ccスクータが人気が出る前の状況に近くない?
 あの頃はバイクブームの中心であった400ccレプリカが70万円台に突入した頃だったので覚えている。

年収はこの十数年変化がないのに、バイクの価格が徐々に上がっている。
 世界で一台だけのバイクが欲しいからブームになっているのに、メーカが完成度を高めて、そしてベース車両を高くしてどうする?

いつまでもブームが続かないが、条件は繰り返す。
以前は人気のなかった原付二種のスクータが安く、燃費も30km/h以上なので、
 通勤用+αで密かにブームとなりつつある。
まるで、250ccのスクータが人気が出てきた頃の状況である。

大ブームとなる前に。。。。何か仕掛けてみたいな~。
 小市民なので、125ccスクータのアフターパーツ特集でも考えようかな?

 

     スポークホイール洗車の見方?

| コメント(0)

モタードに乗っているとホイールの汚れが気になりますが、スポークホイルなので、洗うのが大変ですよね。
水洗いなら洗車ブラシで磨くことは出来ても、拭き上げたり、ワックス掛けが大変です。

洗車ブラシの先で車体に傷が。。。。プラチックが金属に傷をつける事は無いと思いますが、
ガソリンスタンドの洗車機もプラチックの洗車ブラシから布製の洗車ブラシにバトンタッチした時代。
ホイルを洗うためのブラシも変わりつつあります。
スポークホイール洗車の見方?
右は100円ショップで販売されていて、洗車後にボディーの水を吸わせる吸水スポンジのような感じです。
洗車ブラシよりも優しく、何も考えずにごしごしと洗うのに使えそうです。

100円ショップで販売している洗車ブラシが変わったので
 カーショップでホイル専用のスポンジを探しに行ったら、スポンジタイプの洗車ブラシを発見
最近、高級ホイルに履きなおす方も多いので、ホイル専用のスポンジが作られているのですね。
左のが300円台で販売されていて、100円のものとは全然違います。
 肌さわりは化粧用品のスポンジのようで、さらにスポンジを包むようにメッシュの布で包んでいます。

本来の目的でなく、1本はワックスを掛けようと、もう1本は拭くあげようにしようかな?
一般のワックスでは無茶だと思いますが、液体のコーティング剤ならよさそう。
そう思って、さっそく、購入しました。