ツーリング用ヒップバックの復活

| コメント(0)

10年前かな?
ヒップバックが登場したぐらいに購入したツーリング用バック
ウエストバックのように小さくなく、背中を覆うぐらいに大きくなく、温泉セットとカメラが入るぐらいのちょうどよい大きさのバック
バイクに乗ると、腰の辺りに手を回すようにベルトが伸びて、小さなバックはダンディムするように、チョコンとシートに座ります。

あれから、旅の御供として太陽の下で一緒に遊んだり、風雨にさらされながら長距離を移動
 色々な思い出の詰まりすぎて、とうとう、チャックの部分が破けてしまい。 日焼けして、退色して、黄色に変色してしまう。
ヒップサックバック
しばらく、大型のウエストバックのようなヒップバックしか販売されてなかったので、ボロボロになりながらも使ってました。
最近、同じ容積のヒップバックが販売されたので、新しいヒップバックを購入。
廃棄しようと思いながら、使い慣れ親しみすぎて、スクータでのプチツーリングやドライブで温泉に行くときはメインで使い続けてしまっている。
ホームセンターの手芸コーナーで、大判の補修用テープや染色剤を見つけた時。 衝動的に購入してしまう。
まずは、破けた部分はアイロン補修用テープで接着。
 最近は、デニムやジャージ用も販売されるなど、用途が広がっている。
まぁ、今回は人から見られない部分なので、生地が弱っている部分にもタップリと使う
ヒップバック補修・アイロン補修用テープで修理
そして、色あせや黄ばみは染色して、元の黒色へ変身させるようと
まずは、色違いの場所に色が着かないように、マーキングテープで覆う。
黒色「染めQ」で塗装するが、黄ばみの部分は一度塗りでは綺麗な黒にならないので、2-3回、重ね塗りするように塗っていく。
ヒップバック・染色後
仕上がりは、新品に見えるまで綺麗になりました!!

と言いたい所ですが、まだ、まだ、ボロボロの部分があるので、1-2年使った程度まで復活しました。といった所かな?

どうです?

実験も兼ねて染色したのですが、想像した以上に綺麗になったので、
次は20年前に購入した、故POPヨシムラカラーのヨシムラジャンバーかな?
現社長は赤色がトレードマークかな?
 以前、ヨシムラがジャンバーを販売しても赤色ジャンバーだったし。
でも、バイクが黒なので、故POPヨシムラの黒が合うんだよね。 思いでもあるしね。

コメントする