宮崎県の椎葉村

| コメント(0)

人吉から湯前を抜けて、九州山脈へ
 次第に道は狭くなり、山道を抜けて
  梅雨の洪水で道が塞がってないか心配しながら進んでいくと
宮崎県の椎葉村
突然に視界が開ける
 この麓が椎葉村である。

壇ノ浦で負け戦となった平家が落ち延びてきた場所であり、
 追われる者と追う者と悲哀の物語が残る場所でもあった。

宮崎県の椎葉村
走っているときに川辺を見ると
 周囲の森林の緑を映して
  綺麗な水は緑色に染まって見える。

コメントする