2007年5月アーカイブ

 

     山の中の喫茶店

| コメント(0)

知り合いのレストランで、このお店の話題がでたので

黒川温泉方面からファームロードワイタを走り、

ワームロードの途中から熊さんの看板を頼りに山中へ

道中、一部、舗装してないのが大変でしたが

到着すると、山小屋といった感じのお店でした。

いつものようにおろおろしながら

店内は先にきた客で一杯だったので、オープンテラスに席を取る。

この席、天気の良い日は正解ですね。

シフォンケーキと珈琲を注文して、しばらく物思いに耽る

目の前に小鳥がさえずり、犬がけだるそうに昼寝。

店内からはジャズが聞こえてきます。

シフォンケーキを食べていると、

先ほどの犬が欲しそうに良い子で待っているので

少しだけ、おすそ分け。

なかなか楽しいひとときでした。

 

     地図はタンクに

| コメント(0)

オフ車ベースのバイクなので、タンクバックに地図は無理だったので、100円ショップの地図をタンクに貼り付けて走っています。
DR-Z400SM 出雲・日御碕

九州内は地図なしでどうにか走っていますが、
 写真のように出雲や松江など、遠くに出かけたときにはこんな感じです。
交差点に止まるたびに自位置を確認しながら走っています。
 そう、そう、大雑把でいいなら高速で頂いた地図でもタンクに貼って走っています。

ファームロードワイタから杖立・小国へ
ファームロードワイタから
小国へ
スカイファームロード日田。。。天瀬フラワーパーク付近
スカイファームロード日田
天瀬フラワーパーク付近
 いつもより、少しだけ遅くツーリングに出発する。 GW旅行の疲れが残っているのと、
 後半戦は雨が降ったのでバイクに乗れなかったのから、阿蘇へ向けて走り出す。

 いつものように日田に出て、ファームロードを日田からワイタへと乗り継ぐ。
 ファームロードを最後まで走ると小国市街地経由で阿蘇に向うには遠回りになるので、杖立・小国の看板を頼りに国道にでる。
 阿蘇外輪山の尾根を走るミルクロードから、ヤマナミハイウエイに抜ける所で。。。。自転車レース???
 5月中旬に開催されるチャレンジASOサイクリング大会かな?
 前のサイクリングを抜きにかかっている自転車の邪魔にならないように、タイミングを見計らいながら走り抜けていく。
日田天領大橋 ファームロード入口
 瀬の本までヤマナミハイウエイを走り抜けて、黒川温泉からファームロードワイタへと戻ってくる。
 行きと違って、ツアラーがすれ違ってくる。 いや、いや、場所によっては峠族(国道よりも警察の取締りが厳しいのに)が。。。

 ファームロードを走り抜けて入口にある、日田天領大橋横の公園でひとやすみ。
 ※最近、日田の一品街はライダーが一杯で止める場所にも苦労するから。 それに爆音は好きじゃないし。

 日田から福岡へと抜ける前に、昼飯にと想夫恋で焼きそばを頂いて帰るのであった。
日田天領大橋横の公園より、日田市内を眺める 日高町より日田市内を。。。

昨年まで使っていた手袋が破けたので、新しくバイク用手袋を買いなおしました。
バイク用手袋

今回の手袋の特徴は、手の甲にあるボタンを押すと指先がライトアップするのであった。
バイク用手袋
これだと、夜間にバイクの調子が悪くなったときや、
 カメラで写真を撮るときなど、便利ですよね。

実は
 バイク用といっても、修理をする方用の手袋なんで、
  ジャンルはメカニックグローブになります。

大和ミュージアム
四国旅行の帰道はしまなみ街道を色々な島に立ち寄りながら尾道で一泊
帰りの観光をどうしようかとネットで広島県の観光案内を眺めると、
「てつのくじら館」が「大和ミュージアム」の近くに作られたそうな。

という事で、まずは大和ミュージアムに立ち寄る。
1/10の大和は人気があり、それよりも驚くのは小学校から高校生の遠足で人が一杯。
大和ミュージアム
小学校は大和の模型を大きいね~で眺めた後は歴史を展示しているコーナでなく。
船に関するコーナで遊んでいた。
それよりも驚くのは、宇宙戦艦大和が展示されたままなのは驚いたり。
未来ということなのかな?

道路の反対側は「てつのくじら館」があって、2Fは掃海の展示品
撤去は既に過去の物と思っていたが、現実に流れついたり、昔の物がまだ、生きていたりするそうな。
観光で船にのることは少ないですが、
 島国だけに、渡船やフェリーで対岸に渡ることは多いだけに機雷は怖く、身近に感じました。
てつのくじら館

3Fに上がると潜水艦に関する展示があって、
 何よりも驚くのは、退役した潜水艦といっても、環境内に入れること。
それにしても、潜水艦の大きさに驚く。
 外見の大きさは3F体育館を縦半分に切ったような大きさ
てつのくじら館
でも、中に入ると、映画などで見るような大きさ。
 ぼけ~として歩いていると、どこぞにか頭をぶつけそうです。
まぁ、でも、超人気で、昼に訪れると船内を見るのに30分待ちでした。

てつのくじら館&大和ミュージアム