2006年8月アーカイブ

コーン焼酎

user-pic
0

鹿児島の田荘で購入した焼酎です。

芋臭みがない、芋焼酎と言った感じ

コーン焼酎

つかれた

user-pic
0
つかれた ,猫

ねむた~い

user-pic
0
ねむた~い
金属のカブトムシ発見
今日のお題

あなたがキレた瞬間を教えてください。また、それはどんな場面でしたか?


先週の夏休み明け

 

上司に呼ばれて、本社に帰って、昼行灯を命じられた事かな?

 

結果的に、なかなか君をとって、私を捨てたわけだし。。。。。。。

 

 

 

 

今日は引継ぎで、本来はなかなか君とできる君を組み合わせるのがこの業務のベストだけど

 この組み合わせをすると、できる君が1年以内に止める確立が高いのでと話しておいた。

石塚小彦

user-pic
0
今日のお題

ひょんなことから芸能界デビュー!ヒットしそうな芸名を考えてください。


体系的に石塚英彦に似ているので、石塚小彦になるのかな?

 

でも、紙を長州力に似ているといわれていたので、長州小小力???

 

なんか、いい名前無いな

 

 

やっぱり、ここは週末の浮浪者かな?

たい茶漬

user-pic
0

たい茶漬熱々の出汁をかけて、頂きます。

半生のタイの刺身が、生と違って、焼き魚と違って

これまた美味しいですよ。

ブルーワリーツアーに参加していますが、運転しているので、飲めないのが残念。

キリンのビアパーク見学

石の蔵から

user-pic
0

そのまま、冷やして飲めるように、焼酎と相性のよい霧島山系天然水で割っています。

石の蔵から

そう、そう、焼酎の水割りは、飲むときに水で割るのでなく

 前日に水で割って、冷蔵庫で冷やしていた方が、まろやかで美味しそうです。

ハナタレの中でも、かめつぼで仕込まれて、木桶蒸留器によって、蒸留されたはなたれを...
ウンチクをきくより、実際に飲んで欲しい逸品

さつま無双 いちる

木桶蒸留初留取り いちる

兵六餅

user-pic
0
この餅を見る度に鹿児島を思い出します。
最近は福岡で販売してないような
兵六餅

新婚旅行発祥の地だそうです
鹿児島にある「日本で最初と云われる新婚旅行発祥の地」という,しおひたし温泉にありました。

銅像は西郷隆盛の計らいで訪れた「坂本龍馬」が愛妻「お竜」です。

大きな口のボトル
梅がなんと、ニコニコも入っています
本坊さんの梅酒
疲れた体には、良さそうです。

それに3日間は、3食めしをロクに食べてないので、コンビニ果物と一緒に頂いています
焼酎は、蒸留する事で不純物が無くなるので、二日酔いしないそうだ

単に飲み過ぎが原因と思っていました。
ちなみに私は頭がいたい時は酸素を吸う事で、回復します。
でも、私の場合はいがおかしくなるので、悩んでいます。
焼酎は大丈夫かな......
って、駄目でした。 

ちんすこう

user-pic
0
ちんすこうお土産の宮古島の自然塩で作ったちんすこうです

白熊

user-pic
0
白熊
スペシャル白熊です

美味しいけど、頭がキーンとなります 
そのときは、果物を頂いてから氷を

恵比寿 黒

user-pic
0
ちょっと苦いけど、豊潤な味わいを感じます
恵比寿 黒

最近、ファームロードが出来たのと、キャンプ地までが整備されているので、

山道といっても、ヤマナミハイウエイのような快適な道が続きます。。。。

単に道と道のつなぎ目が分かりにくいだけです。

 

気持ちよく走っている途中で、ふっと、このまま南下し続けると。。。。。。お盆渋滞を気して

日が沈む前に帰らなければ思ってUターンしなければ、もう少しで宮崎県に突入したでしょう

球磨名物の焼酎モナカ

球磨名物の焼酎モナカ

サマーシュート
クラムチャウダーの入ったカップをビザパイで蓋したものです
ビザパイだけでも、美味しく、中のスープにつけて頂くと、違う感じで、さらに美味しい
一つの料理で、三種の味を楽しめました
ビザパイのクラムチャウダー

恋ホタルと夏麦酒

さて、どちらが日本酒でしょうか?

夏らしい飲み物

恋ホタルは発泡タイプの日本酒でした。
ヤブレあんばん
ヤブレあんばん
中身はほとんど、あんこでした。
宮崎名物のなんじゃこらシューと、なんじゃこら大福です。
なんじゃこらシューと、なんじゃこら大福です。

霧島東神社

user-pic
0

東霧島神社は僧が修行で訪れる神社というだけあって、入口になにやら貸出杖があった。 何故? 神社の中を進んで行くと、龍神が祭られていたり、木のトンネルなどがあった。
さて、本殿に参拝と思って奥に行くと.....Σ@@)

 階段というより、大昔土砂崩れて、現在は岩だけが残っている急坂は視野に広がる。 階段というより、鬼が無造作に岩を積み重ねて作った感じ...見方を変えると、大昔土砂崩があって、現在は岩だけが残っている急坂である。 階段を上から見下ろすと、帰り道はどうするか悩んでしまった。
※階段は「鬼岩階段」と呼ばれて鬼が一夜にして造ったと伝説が残っているそうです。

霧島六社は近所にある神社と規模が違い、本殿へと山登りっていく感じの参拝です。 こうなると古代の神社は祈るというより、悠々しい姿の造りも加わって、視界に広がる穀草地帯を支配すると言った印象を受けます。
さて、話を戻し、東霧島神社の帰道、長崎などの山手にあるような坂道のような裏参道があったんどえ、こちらを降りていく。 下に降りると池があって鯉が泳いでいて、さらに進むと戦車ぐらいの大きさで、饅頭のような岩が祭られていた。
その岩は鬼が切ったとされていて、その切り口はソフト豆腐を包丁で切ったように気持ちよく切れていた。 この岩は「神石」と呼ばれて、イザナキノミコトが剣で三段に切ったとされているそうです。
霧島東神社

神社の入口なのに、赤鬼が。。。。。。。。。

宮崎市周辺に訪れると、必ずやサンメッセ日南に立ち寄るんだけど。。。。。。。

いつも、雨に降られています(笑)

モアイ像についてモアイ像について
 資料によると、倒壊したままのモアイ像を(株)タダノ+αが修復の奉仕をした事の感謝と、お互いの創始者が弟子関係だったという理由からここに復元されたそうです。 ちなみにイースター島以外でモアイ像がある場所はこの宮崎だけであり、復元許可が言葉で言い表せない感謝の気持ちである事が分る。 この辺りはサンメッセ日南のホームページを見てくださいね。
 そう、そう、イースター島のモアイ像に日本人が落書きが国内では話題になっていたが、神様に落書きした分けで、外国では宗教戦争がいまだにおきているので、この奉仕活動がなければ....(××)想像するだけで怖かったりする。

遠くから見たときは、山間から大きなパラボラアンテナが見えるので、ウルトラQなどの特撮映画を思い出して、秘密基地だと思ってしまったような陣容です。
この施設は山腹を削って造成された台地に機能的に建物が配置されている観測所で、ロケット打ち上げ期間以外は門で見学を申請すると何方でも自由に見学することができます。
どんなロケットが打ち上げているかは、施設内に入ると、ここから発射されたロケットの実物大の模型があって、ロケットの大きさが実感できます。
それにしても、ペットボトルロケットを発射してみた経験のある方は分かると思いますが、こんな
棒状のロケットが真っ直ぐ空に飛ぶかと思うと感動します。 そして、ここからコントロールしているなんて..

鹿児島県(鹿児島宇宙空間観測所)でも、さすがにバイクで所内見学はできないだろうな~

意外に知覧から加世田へは近く、目的の鹿児島交通加世田ステーション鉄道記念館は知覧からの道沿いだった。
記念館は中心街近くのショッピングセンター近くだった。
鉄道記念館は民営で宣伝していないだけにもったいない。
表にはドイツから輸入した2号SLとデーゼル機関車が展示されていて、昔の有志を思い起こせる感じだった。
鉄道記念館の入口は昔の駅舎のイメージで入場切符も改札してくれる。(^^)
施設は鉄道に関する資料、車輛部など、など、それなりに立派な施設でした。
残念なのが、施設裏側にあったSL1号や駅舎用のディーゼル、客車などが立入り禁止で遠巻きに見るしかないのが残念。

鹿児島交通加世田ステーション鉄道記念館今はどうなっているんだろう?

火之神公園の奥にある平和祈念展望台(戦艦大和殉難鎮魂之碑)へ、
 私が最初に訪れたときは、水平線の向こう...展望所より南側約200kmに戦艦大和が沈んだ場所が見え、 眼下に壮大な東シナ海が広がりが見えるごく普通の空き地でした。

枕崎・火之神公園 戦艦大和の沈没50周年に太平洋戦争で散華された多くの英霊の殉難鎮魂之碑と、世界の恒久平和を願うシンボルの女神像が安置されていました。
 こういった施設を見ると、平和を望むだけでなく、戦争反対のみ発言するのでなく、戦争について考え、起きない環境、向かわない環境を作って行く事の大切さを感じさせます。

 今日のお題

夏休みの宿題の定番といえば「自由研究」。実際に宿題がある人も無い人も、夏の間に自由研究をするなら何について研究しますか?


小学校のときは

 割り箸などを使って、近くにある大きな橋を作って提出しました。

 

 あと、ちっちゃなヤクルトのプラ瓶を使って、サターンロケットを作りました。

  もちろん、ボタンを押すと、噴射炎のように強いた綿を照らすように電球がピカピカしています。

 

また、タミヤの工作キットを買ってきて、ケーブルカーを提出したことかな?

 そのまま提出したらNGですが。。。。キチンと山ノ下と山の上の駅を作ったかな?

アフリエイト





このアーカイブについて

このページには、2006年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年7月です。

次のアーカイブは2006年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。