梅ヶ枝焼餅

user-pic
0

梅ヶ枝餅は焼器を見ただけで、おぉぉぉ...という懐かしさ。
 んで、1個が、大宰府の2個分の大きさなので、餅の部分が表面はカリカリで、中身はやわやわ。 あんこもうまかったです。

梅ヶ枝焼餅

梅ヶ枝餅は福岡の大宰府が有名ですが、ここは大宰府と比較して2個分の大きさでした。
素材的には同じだと思うのですが、 大きいサイズなので、餅の部分が表面はカリカリで、中身はやわやわ。
 あんこも、手作業で2時間もかけて練り上げるというだけで、うまかったです。
梅ヶ枝焼餅

ちゃんぽん、皿うどんなども良いですが、
 今年の正月は、いつもと違う長崎を味わってきました。

コメントする

アフリエイト





このブログ記事について

このページは、おこたさんが2006年1月 6日 21:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「トルコライス」です。

次のブログ記事は「山間に沈む正月の夕日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。