霊は絶対いるよ

user-pic
0
ゆうれいひ
幽霊は絶対にいると思う?


以前、先祖の霊が夢枕に....墓参りに来い

祖父が墓の場所を言わないでなくなったので、

観光を兼ねて、夢にでた場所へと行ってみる。

夢に見た道、夢に出てきたお寺....(~~)怖かった。

とりあえず、事情を話してお経を上げて帰る。

 

その後、何も無いけど、滅茶苦茶に疲れた日

 認識できない視野に人影が、あれ?誰だろう?

 といった感じで、凝視すると人の影も無いし、勘違いする物も無い。

 

まぁ、怖いと思っている時は何も無くても幽霊を見た感じになるけど、

 本当に見ているときは、なんだぁ、勘違いだったのかなんて、その場ではちゃんちゃんなんだけど

その後に明るい部屋に入ると、突然、背筋が寒くなり、腰が抜けた感じで椅子に座り込む。

 このときにあれ?幽霊だったのだと感じてしまう。

 

本当は霊感が無いはずなんだけど、霊感の強い友人達のお陰かな?

 でも、見たくないな~ 怖がりだから。

 

ちなみに腰が抜けた時は

 体育館ぐらい広い事務所で、深夜一人で仕事をしていた時の話

  ガラスに人影が映っているんだよね。  このときは心配して誰かが見に来たんだ程度。

 逆に家なりなどで、驚いていた程度。

  ただ、何度か見に来てくれるので、挨拶しようとそちらを見ると、

ガラスには映っているけど、その向こうと反対側には誰も居なかったりしますからね。

 それでも、目がおかしい程度だったんですけど、

仕事が終って、電気を消して、部屋の扉を閉めて、薄暗い廊下を自分のいる部屋に戻ろうと振り向き

  そういえば、今日はこの工場はみんな飲み会で俺一人だよねと思った瞬間

 背筋が寒くなり、腰が抜けそうになって、突然、守衛さんのいる所まで走って逃げました。

  怖かった。(~_~)

コメントする

アフリエイト





このブログ記事について

このページは、おこたさんが2004年11月14日 06:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「栗林公園」です。

次のブログ記事は「鬼ごっこですか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。