唐津街道・原町

user-pic
0

いつもR3は渋滞するので、福岡IC方面へ向う時は宗像からショートカットしています。
この時に古い建物の立ち並ぶ道路の狭い町並み。 昔にトリップしそうで、所々に灯篭があります。
灯篭に何かの文字が海底あるので、何だろうととりあえず写真に撮って後で見てみると、唐津街道・原町の町並みでした

唐津街道・原町

唐津と福岡の殿様が参勤交代するための道なので唐津街道は残っていないと思っていましたが、住んでいる方が大切にして残っていたんだ。 そう、そう、この街道は豊臣秀吉が大陸へ遠征するために通った道でもあり、高瀬川に架かる橋は「太閤橋」と言われているそうです。

唐津街道・原町

太閤で思い出したけど、竹中半兵衛が病に伏した所から登場する有名な軍師で豊臣秀吉が恐れたという方の子供が
福岡・黒田藩の初代殿様らしいですね。 ちなみに福岡と言う名前は、この方の出身地より付けられたようです。

コメントする

アフリエイト





このブログ記事について

このページは、おこたさんが2004年11月27日 20:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「海底駅?」です。

次のブログ記事は「アイスですか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。