山口県・萩/長門方面(須佐ホルンフェルス)

user-pic
0
ホルンフェルスはドイツ語で、
岩石を割ると角ばった破面で割れるつのいしの意味らしく。
須佐ホルンフェルスは、
日本海に海食崖として黒と白のしま模様の断層を見せてくれます。
須佐ホルンフェルス
また、町の名前である須佐は、
日本神話にでくる須佐之男命が出雲の国から朝鮮半島に往来したときに、
ここで休憩、高山から海路を望んだことから付けられたそうです。

須佐ホルンフェルス
でも、おいらは、駐車場前の売店で言っていたこれがおいしそうです。

コメントする

アフリエイト





このブログ記事について

このページは、おこたさんが2004年9月27日 17:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツーリングかな?」です。

次のブログ記事は「昼飯」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。