つれづれの最近のブログ記事

知り合いのアイスクリーム屋さんで、デコポンアイスを頂いて、

 塩アイス、温泉アイスや醤油アイスなどを宅配に頼んだ帰道。

紫陽花

旭志グリーンロードを走って、菊池方面へ
 遠くに阿蘇の外輪山というか、耳納山系かな?

道路沿いには紫陽花が咲いていました。

紫陽花


普段はまじまじで見ないので気がつかないのですが、洗車する度に思い出すリアゲート付近の隙間。

買って1ヶ月した頃にレーダーを付けてくれた業者さんから言われていたんですが。
 普段は目にする部分でないので、何も言わずに過ごしていました。
 これまで3回の点検に出しても、何もしていないトコロを見ると。
標準でこの隙間が空いているのかな? 何のため? 傷が入っているし。

ラフェスタのリア下にもぐりこんでみましたが、外れている感じでもないし、
 バックした時に気がつかずに当てて、それで金具が曲がっている? 

そんな感じでもないような? 作りが悪いだけなのかな?

エルグランドにのっているときには満足したので、同じメーカーを買っているんですが。

昨日は桜を見たのに。
 今日は雪を見て来ました。
ゆき
出発する時は雨が残っていたので出発
 雨が降り、筑後川沿いは晴れて、
  日田から小石原を抜けるときには雪。

家に帰ると、あられ混じりの嵐。


色々な天気を経験していました。

前日のアルコールではなく。
 酒を飲むと、ずご~く、体力を消耗する体なので。
いつもより、遅く、目が覚める。 
 低血圧の方のように、目覚めが悪く、さらにごろごろ。

昼飯は、ボーナスもでたし、
 ちょっと贅沢に北九州美術館にあるレストラン
この「カフェ・ミュゼ」というレストランは
 遠くは若松の風力発電、巌流島や関門橋が見える。

鉛のような体を動かして着替え
 さて、原付二種スクーターで。。。と思ったら、
  合羽が似合う雨だったので、久しぶりにLafesta(車)でうろうろする。

美術館の駐車場で車を降りて、美術館に向うと。
 庭に植えている桜の木に花が。  咲いていた。

北九州美術館の季節外れの桜

たぶん、桜だと思うけど、2分咲きで咲いていました。
長かった冬も終って、九州には春が来ました。


ですが、明日の天気予報は雪で、本格的な雪のはずです。
たぶん、先々週まで、雪が降るほど寒かったのに
 この数日は暖房をつけている?といった感じの暖かさ。
春が来たと勘違いした桜でした。

matubara

日田方面から杖立方面に走り、松原ダムを菊池方面へと向っていたら

ダムに浮かぶ島が綺麗に紅葉に包まれていた。

綺麗に飾られている感じなので、クリスマスケーキ??

ショートケーキのような感じですね。

 

松原ダム

出水市を通過しながら、R3沿いにある大きな鈴の看板から鈴が消えていたので、
 ちょっと気になって箱崎八幡神社による。 といっても、ここに来るのは初めて。
 名前から福岡の筥崎宮に縁がありそうだけど???? 宇佐の八幡かな???????

箱崎八幡神社
箱崎八幡神社
の場所

子供プールになりつつある駐車場に車を止めて神門へ
 神様には悪いけど、新興宗教????と思って門の前で固まってしまう。
鹿児島・出水市だけに鶴を抱いている神様の像もあるし
出水の大きな鈴
いや、いや、鶴の観測所のように鶴の像はあちらこちらにあるし、
さらに、亀もいたし。 。ネズミまで orz

神門付近では 日本一の大きな鈴や日本一の小さな鈴は展示している。
出水の大きな鈴奥へと足を進めると伊勢神宮の話が沢山かかれていましたが、
 由緒などを読むと、福岡の筥崎宮と薩摩の殿様に縁がある感じ。 不思議な神社でした。 
出水の鶴を目当ての観光でしたら、こちらにも訪れては如何でしょうか?

1回目の半年点検はAM9:30と同時に入庫して、昼から急がせてPM1:30に終った。
1回目の1年点検。。。。。ひょっとして夕方までかかるかな?と覚悟を決めて、
  AM9:30と同時に入庫したのに、今回は午前中には点検が終った。 (^^)ノ 万歳!!

LAFESTAは車の維持管理費が、いままでより大きいのが、今回の車の感想です。(TT)
今まで車を新車で乗り継いできて、1年目の点検で点検料金以外で1万円強の支払いが発生するなんて(ノ<)
※さすがに+1万円はつらいのでエアコンフィルターは1年半目の点検で交換するようです。


★エアコンの悪臭
  今年の6月からエアコンから悪臭がするので、オートバックスなどでエアコン洗浄剤スプレーを買ってきて、洗浄すれば直ってました。
  今回は2回チャレンジするものの。。。駄目。 
  ディーラーで洗浄をお願いするハメに。。。。毎年、数千円も支払いが必要?

  ちなみに今まで乗り継いで来た車は、エアコン洗浄することがなかったので、強いショックー(ノ<)

★運転席のモールのパーツ交換
  運転席のドアモールは、車から降りる時に靴が引っかかりやすく、運が悪いと外れます。
  これが頻繁に外れると、モールを止める部分が割れてしまいます。
  これって、1年以内だし、不良品と思っていたんですが、しっかりと壊れたパーツ代金を請求されました。

 

前の車のキューブはエンジン内に水漏れするまでは、こういった事はなかったのに、
LAFESTAは立て付けが悪く、色々と続きます。  私だけかな?

両腕のリハビリ中ですが、寝返りが打てず全身の筋肉もボロボロ。。。。
温泉、温泉と中津市や青の洞門に近い八面山・金色温泉に行って来ました。

そう、そう、「金色」と感じで書きますが、「かなしろ」と読みます。

場所は中津バイパスを走っていると、赤いラーメン丼が屋根に乗っているラーメン屋がある交差点でラーメン屋方面へ
この付近から、金色温泉の看板がでているので、看板にしたがって走って15分ぐらい。
手前は宿泊施設なので奥の駐車場に車をを止めます。
そう、そう、駐車場の作り方からかな? 入口から遠い方から埋まっていくので、
 入口から見ると満車と思っても空いていることが多いようです。

八面山・金色温泉

ここの温泉は温質がどうのとかいうよりも、露天風呂がお気に入りです。
内風呂の裏手の斜面。。。林の中を段々畑のような感じで露天風呂が数個あります。
散策するように、次の露天風呂へと移動。
湯に浸かりながら、日照った体を外気でさましながら林の中を散策していると、
ぬるめのお湯ですが、気がつくと体がポッカポッカになります。
今日は露天に入っていると、あげは蝶が目の前をてふてふと飛んでいきます。

八面山・金色温泉

更衣所もおじさんにはたまんない。

 牛乳瓶入りの牛乳の自動販売機があるので、

もちろん、買って、何故か腰に手をあてて、一気に飲み干してきました。

 

場所は。。。えっと、下記の地図を見てください。

 八面山金色温泉

地酒の駅
耶馬溪という、山に木が生えるように岩が生えている観光地
 
日本三大修験道で有名な英彦山へと走っていくと発見
 
ここから先は、酔っ払いは先に進むことは禁止かな?
 
いまだに、芋焼酎だけは人気がありますが。。。。駅が出来るなんて(笑)
 
でも、酒好きにとっては駅というより、関所なんでしょうね。
 
 
 
そういえば、ドライブやツーリングが大好きだから、付き合い酒しか飲まない私。
いつも、飲んだら乗るなというキャンペーンを見るたびに不思議に思ってしまう。
細かいことですけど、乗ってきて酒を飲むから。。。事故を起こすんですよね。
やっぱり、酒を味わって楽しみたいから「飲むから乗るな」でしょう。
 
みなさんも酒を飲む日は自宅に車を置いてから、
しばらく飲まないで良いように、しこたま酒を飲んで、楽しみましょうね。
ただ、飲んだ翌日はアルコールが残っている?事が多いので
二日酔いや最後の一口から12時間経過してなかったら
車やバイクには乗らないようにね。。。。

家の近くにあるダム。。。といっても、片道30分のところ。

 週末となるとドライバーやライダーがレジャ~にやってくる。

 ※週末族の飛ばしやよりも、夕方の通勤ドライバーが早いのが難点な場所である(笑)

  

記憶では、雪以外で道路が封鎖されたのは、

 道路沿いの家が火事のときと、ずいぶんと昔に片道通行となったぐらい。

 

腕のリハビリを兼ねて、ダムに訪れると

 今年の豪雨で、かなりの範囲で土砂崩れ。 通行止めには到ってなかったが。

 そして、ダムの奥が通行止めとなっていた。

  記憶にないぐらい昔に片道通行となっていた場所。

 

前を走っている車が警備の方に抜け道を聞く為に停車。

 私は抜け道があるんだと思って、後をついていく。

 

明らかに警備の方が案内して、案内版もあるのに、

 交差点のど真ん中で停車して、抜け道を聞く

しばし、その交差点を中心に渋滞

 

次も。。。

 次も。。。。。

   お店があるところでも。。。

対向車とすれ違う時は

 すれ違ってから1分ぐらい道のど真ん中で停車

 

そんなに運転に自信がないなら、

 33ナンバーに乗らないで欲しいし。

  通行止めのカンバンを見てUターンして欲しい。

   後ろが抜ける場所で止まって欲しい。

 

私だったら、何か探し物する振りをして路肩に車を停車するぞ~

 焦って、車に傷を入れたくないからね。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちつれづれカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはLaFestaのある風景です。

次のカテゴリはドライブです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.23-ja

アフリエイト