筑後吉井町散策

| | コメント(0)
美的センスはありませんが、以前に訪れた時に気になったので、「筑後吉井の小さな美術館めぐり」に行ってきました。GW期間中ですが高速を利用する方が多いのか、ツーリングで利用する下道はすいすい。筑後吉井町は江戸時代には豊後街道の宿場町として栄えた土地柄なので、小京都と言われる武家屋敷の白壁とは違う、商家の白壁が有名。 筑後吉井土蔵に車を止めて、ここから白壁を眺めながら散策。 旧家やお店に訪れて展示されている美術品を眺めてつつ。地元のお土産も物色。 葛羊羹と鯉幟の和菓子を購入してきました。
吉井町は乾麺(うどん・素麺)も美味しい昼飯は、昔、ラーメンツーをしていた時に麺通?の方から吉井町は乾麺(うどん・素麺)も美味しいと言われていた事を思い出し
うどん屋さんを探して食して帰ってきました。 井戸とかいう有名店ではありませんが、メニューを見て生醤油を注文。
筑後吉井の猫バス数年前に讃岐までうどんを食べに行った時に感じた美味しさとは違うベクトル。
熟成された小麦の旨さを感じました。 もちろん、近くの土産屋で家族にも。 私、一人で食べちゃいそうですが。
(株)巨峰ワイン帰りは、道を間違えて耳納山の麓を走っていると(株)巨峰ワイン発見
 試飲はできませんが、香りが甘い葡萄の香りに包まれ、ワインの美味しさが飲まなくても分かる感じでした。
 色々と悩みつつワインケーキを購入。 熟成させた1ヶ月事が楽しみです。

カテゴリ

コメントする

このブログ記事について

このページは、おこたさんが2009年5月 4日 17:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「野暮用のついでに、大宰府跡」です。

次のブログ記事は「下松の「こおひいや‎さん」にラフェスタで行って来ました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.23-ja

アフリエイト