ニュース



2010年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

映画ニュース




« 宮崎へ   日向&薩摩の旅 その2 | メイン | 九州宮崎のモアイ像 »

鹿児島編   日向&薩摩の旅 その3

宮崎県庁前
朝食を食べて、宮崎の県庁前に訪れたが朝が早かったので道路から眺めるだけだった。
通勤渋滞に巻き込まれながら高速に乗り、都城までワープする。 しかし、宮崎県知事のはっぴを着て走る姿のシールが無い土産物は、バッタものと思うぐらいに県産の土産物にはシールが貼られていた。
さて、さて、さて、宮崎・都城からは一路、・鹿児島・鹿屋へ。 なんどか通った道なので、音楽を聴きながら走りぬけていく。


霧島ヶ丘公園
霧島ヶ丘公園に到着した頃には、太陽の光がサンサンと輝いていた。 暑い、いや、熱い~
展望台まで歩いて行くと、東は志布志湾、西に錦江湾と薩摩半島、南西に開聞岳、北西に桜島まで見える景勝地なのですが、晴れているのに大陸からの埃が多いのか、錦江湾しかみえなかった。 残念である。


荒平天神
海岸線に下りて、海に突き出た天神島の岩山上に建立されている神社に参拝。
引き潮で島と繋がって(いつもかな?)いたので、島に渡り階段を登る。 最後の傾斜は岩場を縄を使って登るといった感じで数m。。。
緑に包まれた岩場の上に朱色の神社があって、御手洗の水が出てくる口は龍のデザインが多いが、ここは牛のデザインであった。
牛車の牛かな? この神社は学問の神様,菅原道真公が祀られている天神様で、県道と島の間の砂浜には、家族連れが海水浴を楽しんでいた。

山川~根占フェリーからの風景
桜島経由だと大変なので、鹿児島の薩摩と大隅両半島の南端部を結ぶ山川~根占フェリーを利用するため、さらに南下して予約を入れ、昼飯どきだったので、近くのジョイフルで大好きな雑炊と唐揚を頂く。 

フェリー乗場でフェリーを待っていると、湾外を航行するような大型のフェリーだったのには驚き。 

さらに港の中でUターンして船尾から着岸。 船体には似合わない小回りが利く船だこと。 

一人旅なので、疲れを癒すように船内の禁煙室(一等室)で仮眠をとりながら、ときどき船上にでて、大隈半島や薩摩半島の風景をカメラに納める。 

薩摩半島側の風景は、特徴のある指宿の知林ヶ島や山川の竹山が見えるので、おおよその航路が判る。 

山川の港に入ると他の客は船内で休んでいる車へと消えていったが、ここから見える指宿や山川が面白い。 

海からの風景はドライブ中には見えない景色があって、あの宿はなんていうホテルなんだろうとか? 

泊まって見たいな~とか、菜の花マラソン中だったら、山川駅を中心にパノラマ写真を撮って見たいなど、考えながら眺める。 

山川のヘルシーランド
フェリーが着岸すると、国道や指宿へと向う車が多い中、私だけ進路を山川のヘルシーランドへと向け、露天風呂側の駐車場に車を止める。  

まずは、ここから階段を下りて、"山川天然砂むし温泉"に入る。 

浴衣に着替えて海岸沿いにある砂場で横になると砂をかけてくれる。 

打ち寄せる波の音が精神的にも心地よく、すぐに寝てしまう。 

そう、そう、砂風呂は砂の重さで指圧されながら、サウナに入っているようで、心地良いです。 

風呂で砂と塩を落として、休憩所で火照った体を休めて、ヘルシーランドの露天風呂に戻り、温泉のはしごを堪能です。 

こちらは、左手には山川名物の竹山が、右手には薩摩富士(開聞岳)が見え、視界のいい日には大隈半島が見渡せます。 

時折、タンカーや高速船トッピー号が行き交っている姿を見かける事ができます。 

そして首まで温泉につかりながら風景を眺めると、温泉の水面と錦江湾の海面が重なって、大海原という温泉につかっているようです。

枕崎の火の神公園
冷凍のカツオは食べる時に凍った状態で魚焼で表面を焼いて切ると、中身は刺身状態で表面は焼き魚状態のたたきができる。 

あとは、ニンニクチップと葱をぶっかけて、カボスと醤油をたらして頂く。 うまいぞ~ 

加世田花火大会
二日目の宿である加世田に移動して、ふく福というお店で定食を頂く。 

 釜飯、サラダ、うどんを頂いた段階でお腹がはちきれそうになる。  
量は多く、味は反する事なくうどんの出汁が好みでした。 

  でも、さすがにデザートが食えなかったのは非常に残念でした。 

ホテルではマッサージチェアーで横になりながら、ホテルの窓から見える花火を眺めながら夜は更けていく。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年9月 1日 17:52に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の記事は「 宮崎へ   日向&薩摩の旅 その2」です。

次の記事は「 九州宮崎のモアイ像」です。

他にも多くの記事があります。 メインページアーカイブページ も見てください。

ニュース



Googleアフリエイト






楽天ショップ