ニュース



2010年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

映画ニュース




« 日産キューブ・最後のお客さん | メイン | 生駒高原 »

益田市のグラントワで開催されているボックスアート展を見てきました。

ボックスアート展
益田市のグラントワで開催されているボックスアート展を見てきました。
「ボックスアート」はプラモデルのパッケージ箱に描かれている絵柄で、原画が紹介されていました。
未完成製品の完成予想図として、元となった実物が活躍している場面。
 写真を見るよりもリアルに描かれたイラスト。 影になって見えないパーツもイラストなので微か見える
  バイクのイラストなんて、本物を色々な箇所から舐めるように、じっくりと眺めた感じ。
質感もあって、本物以上に魅力を感じました。

最初は戦前の本の雑誌の付録。
 3歳児ぐらいの大きな三笠や空を飛ぶ要塞など、紙を切り離して組み上げることができるおまけ
  それも、のりなどがいらない、紙の模型とある付録。 凄い。
トトロなどの映画で有名な宮崎監督の顔を思い出してしまう。

その後、少し戦争の色がついてい来るがカッコ良く見える。
 が、僕の世代は悪い面も習った。
  夏休みなんて、先生から夢に出るまでリアルな体験を聞かされた。

ジオラマの予感をする背景まで描かれたイラスト。
 最初の頃は作るだけだったが、ボックスアートを見ながら改造したっけ!!
バイクのボックスアートなんて、レース中のバイクを飛び出して見たような状態。
 人のイラストも、しわや光と影で人生を感じる。

子供が喜びそうなTV漫画の模型も
 描き方しだいでは、近未来の予想図といったイラスト。 リアルすぎた。

グラントワ
遠くまでに見に行ってよかった。
 日本の工業力、世界が評価する近代の日本文化の原点が、ここにありといった感じだった。
  九州にある美術館でも、展示してくれないかな? 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年9月18日 21:21に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の記事は「 日産キューブ・最後のお客さん」です。

次の記事は「 生駒高原」です。

他にも多くの記事があります。 メインページアーカイブページ も見てください。

ニュース



Googleアフリエイト






楽天ショップ