ニュース



2010年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

映画ニュース




« えひめ・しまなみの旅 3日目 | メイン | 坊ちゃん列車。 »

えひめ・しまなみの旅 4日目

いよ、しまなみの旅の帰道の途中に尾道で一泊。
観光しながら帰ろうとホテルで広島県の観光案内をネットで探すと、「てつのくじら館」が「大和ミュージアム」の近くに作られたそうな~ 
自衛隊官の教育目的で作られた施設らしいので入場無料だそうです。  2Fは掃海関係が展示されていて、機雷や掃海具が展示されていたが。
それよりも、機雷の撤去は既に過去の物と思っていたが、今でも流れついたりするそうで、知らない間に守られているんですね。
いがると潜水艦に関する展示があって、退役した潜水艦といっても艦内に入れる。
それにしても、潜水艦の外見の大きさに驚く。 3F体育館を縦半分に切ったような大きさでも、中は映画館で見るような狭さ。
ぼけ~として歩いていると、どこぞにか頭をぶつけそうなギャップは、百聞一見という言葉がよぎる。
てつのくじら館・あきしお てつのくじら館・無人ヘリで潜水艦を追跡して、搭載している魚雷を発射
大和ミュージアムの特別展では、潜水艦が紹介されていた。 日本では江戸時代にはうつろ舟ということで模型が残っているそうな。
呉の旧鎮守府の歴史のコーナーは町や造船技術の移り変わりが紹介されていた。
1/10の大和は今でも人気があり、それよりも驚くのは小学校から高校生の遠足で人が多い。
小学校は歴史展示しているコーナでなく、大和の模型を大きいね~で眺めた後は船に関するコーナで遊んでいた。
でも、遊びながら気がついたら勉強してしまったコーナになっているから、遠足の目的地としてはよさそうですね。
大和ミュージアム・戦艦大和 大和ミュージアム・戦艦大和
呉からはカーナビを広島市内を抜けて宮島フェリーに到着する。
 世界遺産に登録されただけに、遠足の学生や観光客で駐車場は満車。。。。随分と待つ
フェリーで宮島に渡り、厳島神社へと歩く。 今回は干潮だったので、大鳥居の近くまで歩いていく。
近くで見た大鳥居は大きいわ~ それと観光客よりも潮干狩り客も多いわ~  大鳥居から厳島神社を眺めながら思う。
厳島神社 厳島神社
元々は宮島自体が神様の領地で、厳島神社がその玄関に当たるので、昔の人はこんな感じで、小船にのってやってきたのかな?
厳島神社の門前町を散策しながらフェリー乗場に。 今年は揚げもみじ饅頭が人気らしく。 行列ができていた。
正体は紅葉饅頭の天麩羅なんだけど、ほくほくして、餡子も適度な甘さで美味しかった。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年5月 7日 23:23に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の記事は「 えひめ・しまなみの旅 3日目」です。

次の記事は「 坊ちゃん列車。」です。

他にも多くの記事があります。 メインページアーカイブページ も見てください。

ニュース



Googleアフリエイト






楽天ショップ