ニュース



2010年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

映画ニュース




« おかどめ幸福駅 | メイン | 九州にも梅が咲き始めました。 »

南九州ドライブ

 ドライブに行くような感覚で自宅を出発し、通勤渋滞に巻き込まれないように高速へと乗る。
八代からR3号線に出ようと思いながら、最後まで走り抜けてしまう。
 予報では午前中は天気が良いという事であったが、出水市内に入る頃には、雨がポツリポツリと降り始める。 雨の中の鶴観察は嫌なので、博物館「ツル博物館クレインパークいずみ」に向かう。
 野性のツルを身近で見れる観察センターから遠いのが欠点かな? 今回初めて訪れました。
春を過ぎれば花壇になるのかな?なんて思う散歩用に敷地が博物館と駐車場を隔てていたので、傘をさして歩いて行き入館する。
 館内は鶴の生態を紹介していたり、剥製などもあり、色々な種類の鶴も紹介していました。
ツル博物館クレインパークいずみ 出水のツル 出水のツル
 駐車場に戻ると雨がやんでいたので、観察センターにも立ち寄ってみる事にした。 1ヶ月前に来たばかりなので、観察センターの屋上から眺める。 鶴にも家族が増えているようで、数羽で行動していたが。。。。やっぱり、餌を食べてばかり、求愛ダンスは2-3月ごろ? 既に終わったのかな?
小雨が降り出したので、少しだけ居て出発する。
朝食が早かったので、コンビニで「なまどら」を昼飯として食べる。 餡子の変わりに、イチゴクリームが入っていて、おいしかったです。

 昼過ぎに金山蔵に立ち寄ると、トロッコ列車が出発寸前だったので、直ぐに飛び乗り地下洞探検へ
ここは串木野金山跡としての説明や、焼酎蔵として、長期保存するための甕や製造工程などを探検するような感じで、説明を受けながら歩んでいく。
 金山が閉鎖したのは、金鉱石を10トン採掘しても、精製しても10g程度の純金にしかならないからだとか? でも、洞窟内にある黄金像は滅茶苦茶綺麗だった。
 地上に出てきてから、随分と汗をかいていたので温泉に入る。 焼酎を絞りだしたあとの酒粕と温泉を混ぜた焼酎風呂と塩サウナを交互に入ると、肌がつるつるに。。。。。
食事をしようかなと思いきや鹿児島の方からミニオフ会しませんかと連絡が入ったので、高速を使って待ち合わせ場所へ
出水のツル 金山蔵 金山蔵
ミニオフ会では、九州の旅の話で弾んで。。。気がつくと夕方になっていた。
酒は好んで飲むほうではないので、早めに宿に入らずに指宿スカイラインを飛ばして。。。。
 意外と早く到着したので、カラスの行水のような感じで砂風呂に(笑)
一次会から帰ってきている宿客と同じ時間に部屋でビールをとりあえず飲む。
晩めしを食べにと思いながら、限界かな? おなかも空いていないので寝る事にした。

翌朝、朝食を食べ終わると直ぐに出発して、宿の近くの城山へ
駐車場からは、犬の散歩している人たちと一緒に展望所に向かう。 この城山展望所から見える桜島とビルの風景は鹿児島に来たことを実感させる。
桜島を見ながら天気予報は雨でしたが、雨雲が垂れてないので霧島越えで帰る事にした。
この時点で帰り道を考えるなんて、めちゃくちゃ適当(笑)
a01.jpg 桜島 高千穂牧場
 国分へとR10線を上り、途中から霧島神宮駅方面へと山路を走る。 早朝の休日なのに人手が多く、交通量も多かった。。。 何だろう?と思っていたら、道路沿いにたなびいている幟を見るとマラソンがあるようで、それでかな?
 ちょっと魅力的な霧島神宮駅を過ぎて高千穂牧場に到着
開園したばかりなのに、既に数グループが駐車場から園内に向けて歩いていた。
高千穂牧場付属のレストランでオムレツを食べたかったので、極楽温泉を先? こちらを先?と悩んだが。。。
カーナビと相談すると距離があるという事なので、高千穂牧場→極楽温泉にした。
 牧場には生まれたての牛がいって、大きな体なのに、目はさらに大きく。 私が牛舎に入ると、なんでぇ~と言っているような感じで出迎えてくれた。  羊舎は私が入ってきても別段に変わった様子は見せなかったのに、餌をあげると。。。。民族の大移動状態となる。 いやはや
高千穂牧場 高千穂牧場 高千穂牧場
 霧島神宮から御池経由で極楽温泉へ  ひむか神話街道の旅の時に温泉の前を通過したが、名前から、場所からして怪しかったのでパスした。
今回は素敵な温泉という話を聞いていたので、素直に入浴する。  隠れ里というのがテーマの宿に付属している温泉なので、宿側は何もかも、落ち着いて、新しいけど懐かしい作りであった。
温泉内は田舎の共同浴場といった作りで、鉄分が多いのかな?ぬるい湯だったので、のんびりとする。
露天も、日が暮れて入ると素敵な感じで、都城又は霧島に来たら、立ち寄ろうかな?と思ったほど。
近くのICから高速に乗るが。。。。極楽温泉の湯はなまぬるかったのに、湯船から出てからしばらくは車の窓ガラスが曇るぐらいに体がぽかぽかしていた。

話のネタに人吉ICで降りて幸福神社へと向かう
極楽温泉 えびのIC付近 おかどめ幸福駅
球磨盆地を宮崎側の九州山脈側に、川沿いを走っていくと、おかどめ幸福駅があります。
「幸福」という名前の駅なので、駅前には恋のキューピットがいる郵便ポストや
絵馬を飾れるスポットがあったり。
 売店では免田から幸福駅への切符がハート型の色紙に挟まれて売っていたので、購入する。

駅前にある「岡留熊野座神社」の鳥居をくぐって、公園の奥にある神社へ
 小さな神社だし、名前は幸福とは無関係のようですが、
この神社に元(蒙古軍)から日本を守るべく出征する日に国家の保安を祈願した所、
 神風が吹いて日本の国に幸せをもたらし、出征のために家族離散しなくても良かったという事で、
 幸福信仰としてこの地に根付いていって、「幸福神社」と呼ばれるそうです。
幸福駅 幸福神社
早速なので参拝してから、雪が気になるので九州山脈越えを諦めて、再び高速に乗る。

熊本空港近くのICで降りて阿蘇越え、日田超えで福岡へと帰る。
内牧温泉に入ろうと思ったが、知っている温泉場が見つからないので、パスして日田へ
阿蘇から日田道へとつながる道から見える九重連山から噴煙が見える。 珍しい。
日田で流石に疲れでふらふらだったので、晩飯を兼ねて休息してから再出発

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年2月 2日 21:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の記事は「 おかどめ幸福駅」です。

次の記事は「 九州にも梅が咲き始めました。」です。

他にも多くの記事があります。 メインページアーカイブページ も見てください。

ニュース



Googleアフリエイト






楽天ショップ