ニュース



2010年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

映画ニュース




メイン | 2007年2月 »

2007年1月 アーカイブ

2007年1月 3日

ポータブルサイトを導入

さっそく、ポータブルサイトツールのXoopを導入して見ました。

導入はウィザードに従って構築すればいいので、簡単に導入できました。
でも、コンテンツをどうするか? どのように改造したら良いのか?
こちらの方が勉強不足、研究不足なので。。。今のところは公開していません。

下記の本を購入して、こつこつと読み始めました。
カスタマイジング・ズープス


さぁ。頑張って、春先までに立ち上げるとするかぁ~

2007年1月 7日

嵐 そして、虹

070003.jpg
日本海は大荒れ。。。。

堤防に海が襲い掛かっていました。

そして、見ていると、波が襲った後に虹が。。。。

写真を小さくしたので、見えるかな?

2007年1月10日

狛猪

小倉駅から左手前方に見える山にある足立山妙見宮へ
この宮の言われは、むかし、むかし、反乱軍を征伐した大将が恨みを受けて命が危ない時に猪達が彼を助けて宇佐神宮に逃げたそうな。
この時に足を悪くした大将は、神のお告げを聞いて、この土地に訪れると、足が治ったそうな~
 そんな感じで神社を守るのは狛犬でなく、狛猪だそうです。

 今年は猪年だけに縁起がいいかも?

070001.jpg

そう、そう、今年は猪年なので、狛猪のいる足立山妙見宮に  足が悪い方だけでなく、足弱な方など、スペースワールドや門司港レトロに寄って
 ここで、お参りしてもいいかも 足の神様だけに、陸上やサッカー選手など、スポーツ選手にもご利益ありそうですね。

お好み焼き

070002.jpg
コンビニで購入したお好み焼き
中に卵、イカなどの具材やソースや青海苔などが入っていて、ウマウマでした。

今回は、美味しさよりも、この発想にいたく感動。
回転焼のように具材を包み込めば、
 素材の旨さもパッケージングされるし、車内で頂いても汚す確率も少ないしね。


冬になるとコンビニで、色々な具材。。。
 いまや、中華かだけでなくが、和洋中華だけでなくイタリアンな食べ物が入っている中華まん

でも、中華まんの皮が受け止められる具財だけでなく、
 こういった、お好み焼き、ピザの皮、お菓子のようなパンで包んだ食べ物が今後も出てきて欲しいですね。

2007年1月14日

長崎ペンギン水族館

長崎市内から20分の郊外にある長崎ペンギン水族館に行ってきました。
市内から少し離れている事もあって、人は疎らでしたが、可愛いペンギン君が出迎えてくれたので、遠出したかいがありました。
ペンギンパレードが目的でしたけど、ペンギンのエサを上げられる券を頂いたので、早速、ペンギン君にえさをやる。
 可愛いと言っても、動物なので、凄い、凄い。 我先にエサをくれと集まります。
 2Fの室内プールに訪れると、岩飛びペンギン君が片隅で居眠り。。。。CMなどのアニメでは、かっこよく登場するだけあって、残念だったけど。。。。可愛いですよね。
また、水中でのエサやりは、普段は陸上でよちよちと弱々しく感じたペンギン
 水中に入ると、かっこよく、逞しく、おね~さんの周りをジェット戦闘機のように泳いでいました。
 そう、そう、その間、小さなペンギンは波に流される遊びにはまってました(笑)
いよいよとペンギンパレード。 ペンギンがどこから訪れるかと思っていたら、2Fの室内プールから胸を張って訪れてきます。
 最初は胸を張って歩いていきますが、そのうちに疲れたのか猫背になって行きました。
でも、実際にペンギンを見るとよちよち歩きでなく、立派に歩いていました。
 それぞれに個性もあるようで、スタッフが説明している間に次へ。。。。慌てるスタッフ
 人間を観察するペンギン君、猫背で歩くペンギン君。。。面白いですね。

2007年1月15日

ペンギン・パンケーキ

長崎ペンギン水族館で頂いた、ペンギンの形をしたパンケーキ
でも、でも、洋風の人形焼という味わいでした。
01.jpg
でも、こういったものは、食べるまでが悩んでしまいます。。。。。。


ところで、みなさん、パンケーキはペンギンに見えます?
02.jpg
ぺんぺん君に同じポーズをとって頂きましたので、比較してください。

浮かび上がる山

03.jpg
走っていると山の向うに夕日が沈む
山のシルエットが、幻のように浮かび上がる。

泳ぐペンギン

陸上では赤ちゃんのように、かよわい存在のペンギン君ですが
0700.jpg

水中に入ると、ジェット戦闘機が空中でバトルするように
ペンギンは水中をそらを飛ぶような感じで、泳ぎまくります。
0701.jpg

水中を元気よく泳いでいるペンギンって、
ちょっと愛嬌のある顔して、
いるかに返信している感じですね。
0702.jpg

2007年1月16日

野母崎水仙の里公園

長崎ペンギン水族館で遊んだ帰道。
02.jpg
方向が違いますが、香り百選に選ばれた、野母崎水仙の里公園に行ってきました。
水仙の里公園には約1,000万球の水仙が植栽されており、12月~1月に掛けて満開になるとか?
海岸にある小高い丘に、水仙の甘い香りと潮風が入り混じる香り、丘から見える軍艦島などが良いとか。
01.jpg
グランドに車を止めて、海辺の丘に咲いている水仙を眺めながら丘を登ると。。。水仙の良い香りにつつまれていた。
丘の上に登ると、長崎港や水仙が咲いている公園が見えるので、少し眺める。 海風は寒かった。
03.jpg
帰道は女神大橋経由。。。大きな橋なのに橋げたがトラス構造でなく、天使の翼のようでした。
女神大橋は、愛称でなく、グラバー園のある側の女神地区から、神島などのある木鉢地区を結ぶ橋なので、その女神という所から単純につけられたのかな?
 ちなみに、愛称は「ヴィーナスウイング長崎女神大橋」だそうです。 こちらの方が長すぎて覚えにくいような気がします。

2007年1月17日

長者原

070117_01.jpg
昨年の10月にヤマナミを走ったときの写真です。

撮影場所は長者原で、九重山の噴火口から煙が。。。。

昔乗っていたバイク

070117_02.jpg
昔、乗っていたバイク「KAWASAKI KLE400」です。

撮影場所はお気に入りの大窪橋です。
この橋jは、桜の季節に訪れるのが大好きですだ。

阿蘇の雲海

070117_03.jpg
バイクで走っていると、色々な風景と出会える
この日は九重方面から大観峰に向って走っていると、
阿蘇山が雲海に浮かんでいた。

阿蘇内輪山が涅槃像に見えるので、
神様の世界を旅しているような感じです。

BLOGシステム導入完了

取得しているドメイン(http://www.okota.net」)にブログシステム(Movable TYPE)を導入して、それなりのデザインに改造しました。

これで、雑然としていたBLOGを整理しようと思ってます。

 CURURUは、日記を中心のページですが。。。旅行中は旅先から投稿しますね。

 楽天日記は、アフリエイトもあるので、食べ物や旅行を中心かな?

 新しく構築したBLOGは「ねこまんまのつれづれ記」で、内容はホームページ作成中に出てくるぼつ原稿等をこちらに投稿しようと思ってます。


まぁ、分けていると言っても、書く人間が同じなので、同じ内容になってしまう事もしばしばかな?
 でも、差別化するために、CURURUは写真サイズを大きくしていたり、楽天日記は写真が小さい代わりに地図をつけたりしています。
  両方のBLOGを見ている方は、それなりに楽しんでくださいね。

ミニメニュー

ホームページとBLOGを連携するのに、ホームページ側でRSSを読めるツールを組み込めば良いのですが。。。。。私にはそんな技術が無い。

MOVABLE TYPEのテンプレート機能で「HTML」ファイルを生成する事が出来るので、
小さなメニューを作ることにしました。

出力ファイル名:list.html
テンプレートの内容------------------
00.jpg
---------ここまで

のタグを登録すると、下記のような小さなメニューができます。
つれずれ記(記事リスト)
01/17:BLOGシステム導入完了
01/17:阿蘇の雲海
01/17:昔乗っていたバイク
01/17:長者原
01/16:野母崎水仙の里公園
01/15:泳ぐペンギン

ホームページ側では、このファイルを下記のイン内フレームで表示すると、簡単にブログの記事一覧が表示できます。


備考:
 テンプレートの内容のポイント
 ★リンクに「target="_top"」をつけないと、リンクをクリックした時にフレーム内で表示されます。
 ★「」の6は、最新記事からの記事数です。
 ★「つれずれ記(記事リスト)」はBLOGのタイトル名です。

 イン内フレームのポイント
 ★「width="210" height="120"」はイン内フレームの大きさです。
 ★「src="http://www.okota.net/cube/diary/list.html"」は、MOVABLE TYPEで生成したファイルを絶対パスで指定しています。

長崎ペンギン水族館での、ペンギンへの餌付けです

長崎ペンギン水族館での、ペンギンへの餌付けです。
ペンギンは水中に入ると、魚のようにかっこよく泳ぎます。
長崎ランタン祭りは夜の祭りなので、立ち寄られては?
ちあみに長崎道の出島ICのひとつ?ふたつ前のICで高速を降りるので、
福岡方面から訪れる方ならこちらによって長崎市内へ
または、よってから高速へと向っては?

水中でのペンギンの餌付け 水中でのペンギンの餌付け
水中でのペンギンの餌付け 水中でのペンギンの餌付け
水中でのペンギンの餌付け 水中でのペンギンの餌付け
水中でのペンギンの餌付け ホームページで使わなかった写真をここにUPしておきます。

2007年1月18日

阿蘇クリスマス・バルーンフェスティバル

毎年、クリスマスシーズンになると、阿蘇の大地には気球が飛んでいます。
今年は宿をとって、夜のイベントを見て来ました。

 気球がクリスマスソングに会わせて、イルミネーションのように点滅して綺麗でした。

九州・阿蘇クリスマス・バルーンフェスティバル 九州・阿蘇クリスマス・バルーンフェスティバル 九州・阿蘇クリスマス・バルーンフェスティバル
今年は宿をとって、夜間係留というのを見て来ました。  写真ではなかなかイメージができませんが、気球はクリスマスソングのリズムに会わせて気球が光ります。
九州・阿蘇クリスマス・バルーンフェスティバル 九州・阿蘇クリスマス・バルーンフェスティバル 九州・阿蘇クリスマス・バルーンフェスティバル
数曲が流れて、カップルが二名。。。訪れている○万人の前での告白タイム。
その後、ハートマークや、星型や、ちびたのおでんのような花火が混ざりながら打ちあがってました。
 普通の花火しか撮影できなかったのが残念。
九州・阿蘇クリスマス・バルーンフェスティバル 九州・阿蘇クリスマス・バルーンフェスティバル 九州・阿蘇クリスマス・バルーンフェスティバル
深夜に霜が降りて、車が凍ってしまう阿蘇の夜。。。。
そこで、阿蘇クリスマスバルーンフェスティバルが行われた。 気球は、アナウンサーのクイズの○×の質問で、バーナーをONにすると、その光で気球全体が裸電球のように光る。
 息を吐くと白いもやが漂う中を、クリスマスソングを聞きながら、大きなイルミネーションを見ていると、カルデラから愛を叫ぶのイベントの途中から花火の打ち上げが始まる。
 クリスマスにちなんで、クリスマスツリー、ハートマークや星型の花火まで上がってました

2007年1月19日

東田第一高炉公園【1901】

東田第一高炉公園【1901】 福岡北九州 東田第一高炉公園【1901】 福岡北九州
東田第一高炉公園【1901】 福岡北九州 東田第一高炉公園【1901】 福岡北九州
東田第一高炉公園【1901】 福岡北九州 高炉に掲げられた1901の看板が目立つ、東田第一高炉公園に行ってきました。
日本の近代製鐵。。。 本格的に国が作った高炉です。
鉄は国造りの基本だったので防衛しやすく、大量に物を運べるように臨海地域に作ったのかな?
今は周辺の都市再開発で、車などでは気軽に遊びに来にくい状態ですが、周辺に色々な施設が出来ているので、その中の文化施設として再出発するのでしょうね。
今は訪れた時は小学生がボール遊びをしていました。

2007年1月20日

ポイ捨ては猫以下

070120_01.jpg
福岡県・北九州の平尾台に生息しているにゃんこを撮影していたら。。。。。
偶然だとは、思うけど、捨てタバコを見て、私に振り向いた。

猫の目を見ていると、
 ポイ捨ては、猫でもしないぞ~ と起こっている感じ。

確かに、火がついていたら、彼らは焼けどするし、
 場所が悪かったら、山火事になるもんね。

この後は、ネコさんの目が気になるので、
 タバコを吸わない僕だけど、タバコを拾って、火を確実に消して、ゴミ箱へ

門司レトロでオリジナルのグラス

北九州の門司レトロ地区にある
赤煉瓦ガラス館体験工房で、オリジナルのグラスを作成

北九州の門司レトロ地区でオリジナルのグラス 北九州の門司レトロ地区でオリジナルのグラス
北九州の門司レトロ地区でオリジナルのグラス 北九州の門司レトロ地区でオリジナルのグラス

1.ガラスコップを選択
※私はビールグラスにしました。
2.ガラスに描く、絵柄を作成
3.右上図のように下絵をコップ内にいれます。
4.液体ゴムをガラスに乗せていくように絵付けを行います。
※ゴムが乗っていない部分が削られます。
5.サンドブラスター機でガラスコップに砂を吹き付けます。
 ガラスの表面がを削られ、ガラスがすりガラスのような淡い色合いになっていきます。
6.液体ゴムを剥がすと、液体ゴムで保護した部分は濃色が残り
 ガラスに淡色の絵付けをしたような感じのグラスができます。

九州熊本・阿蘇神社の火振り神事

02年に地元の方に誘われて、偶然に参加したお祭り 九州は熊本県にある阿蘇神社の火振り神事。。。懐かしいな、もう一度、見に行きたいな~ 思い出しながら。。。。。
九州の地を造ったといわれる阿蘇の山々
この話は小さい頃に阿蘇に訪れたときに、バスガイドさんから昔、むかし、おおむかし、九州は島でなく、大きな火山だったと聞かされました。
そして、阿蘇山が噴火を続けているある日、自重に耐え切れずに沈没して、裾野が広がって行き、今の九州の基盤がができたとか....まぁ、口伝えの話でしょう。
でも、九州の嘘と理解していても、九州の中心にあり、外輪山の大きさを考えると信じたくなります。
阿蘇神社へ 神様が登場 九州熊本・阿蘇神社の火振り神事 九州熊本・阿蘇神社の火振り神事

その火を噴く山阿蘇の麓に鎮座する阿蘇神社の祭りのひとつである、春の到来を告げる火の饗宴「火振り神事」を紹介
国龍神の妃神を迎えるために阿蘇神社から、ふたりの神官が隣接する阿蘇町の吉松神社にお迎えに行きます。
九州熊本・阿蘇神社の火振り神事 九州熊本・阿蘇神社の火振り神事 九州熊本・阿蘇神社の火振り神事

そして、夕闇迫る阿蘇神社参道にはカヤを束ねたタイマツが用意されていて、御輿の一行が参道に入ると一斉に火が点じられタイマツが打ち振られます。火の輪は幾重にも重なり合い、ぶつかり合い、うなり声をあげます。
九州熊本・阿蘇神社の火振り神事 阿蘇神社から、神様が自分の社へと戻ります。 九州熊本・阿蘇神社。。。。
これらの神事により、神々の婚姻の儀式は最高潮となります。
1981年に国の重要無形文化財にも指定された、この神事は神々の婚姻を祝い豊作を願うものです。
参道が火に包まれる頃になると婚姻式も終わりを迎えます。
姫神様は御輿にに乗って、神主&氏子達に担がれて火の中を神社へと戻っていきます。
これを合図に火振り神事も終わりとなります。

2007年1月22日

手を食われそうになった。。。。。

070121-01.jpg
エサをあげようとしたら、えぐ、えぐ。。。。。(ノ<)

僕の手ごと。。。食っちゃった。

あ! こわっかった(TT)

冬眠していない熊君

07012106.jpg
熊君は、どかんの上でごろごろしているだけでした。

猫だと思っているのかな?

07012207.jpg
久しぶりに晴れた翌日なので、地面が暖かいのかな?
 トラ君は自分を猫と思い込んでいるようで、
ご主人様にエサを貰うポーズを研究中でした。

リス猿君の奇行

070122_08.jpg
リス君が遠くで叫んでいるので、近づくと。。。。。
手を見ながら叫んでばかりでした。 
なんで、悩んでいるんだろう?

070122_09.jpg
躾がいいのかな?
その周囲で、みんなが食べ散らかした
後片付けしているリスザル君もいました。

レッサー君とウサギ君

070123_02.jpg
レッサーパンダ君は、仲間の風太君が人気者なので、
ガチャピンのようになりたいって、夢にふけっているようでした。

070123_03.jpg
うさぎ君は、可愛いのはレッサーパンダ君だけではないよとばかりに二足立ちの練習をしていました。

2007年1月24日

山口・リスザル

リスザル リスザル リスザル
リスざるは檻の入口で、餌を持ってくる人間を待ち構えています。
檻の奥で、エサを開くと。。。木々がガサガサという音と共にリスザルが飛んでくる。
そして、奪い合うように、おがくずまで食べてしまうのであった。
リスザル リスザル リスザル

サファリパークにて

070123_09.jpg
サファリパークにて、従業員のおにーさんと仲良く話す、動物なのであった。
言葉は通じないと思うんだけど、このシーンをよく見ました。

虎の肉球

070123_10.jpg
猫の肉球を見ていると、ぷにぷにしたくなりませんか?

虎の肉球を見ていると、猫よりも大きいので、さらに。。。。

2007年1月26日

秋吉台サファリーランド

秋吉台サファリーランド 秋吉台サファリーランド 秋吉台サファリーランド
久しぶりに萩へ
遅く出発したので九州から高速に乗り、美祢ICで降りる。
※壇ノ浦PAで頂いた「うにまん」はおいしかったです。
冬の秋吉台は草原の中で羊が散策しているように見える風景は、草木が枯れているので、岩が多いなだらかな山々に見える。
秋吉台を抜けて、随分と走ったのでサファリーパークで休憩する。
この時に、数日前に見ていたTV番組で動物の撮影を見ていたので、俺にもいい写真が撮れるかなとばかりに、サファリーパークに車で入ってみる。
冬場ということもあり、のんびりと過ごしている園内を人間が檻に入って動物を見学する感じだが。。。。初めだけに意外にに面白かった。
秋吉台サファリーランド 秋吉台サファリーランド 秋吉台サファリーランド
最後の出し物のふれあい動物園では、獲さで動物を引きつけて撮影したけど。。。。
いつも、動かない物を撮影しているので、警戒しながら動く動物はヒンボケしまくりだった。 残念。
ラクダに餌ごと手をしゃぶられるし、ポニーや羊は、歯茎が見えるぐらい口を開けて餌をねだるし。。。。。
リスざるは檻の入口で、餌を持ってくる人間を待ち構えているし。。。
カンガルーは暢気に、休日の親父ってな感じで、ごろごろしていました。
野獣を放牧しているエリアよりも、エキサイティングな場所かもしれませんね。
秋吉台サファリーランド 秋吉台サファリーランド 秋吉台サファリーランド

椿の群生林

随分と遊んだので、急いで萩へと向かい。
ヨットハーバー近くにあるタルタル21(ちょんまげビールという地ビールを製造しているレストラン)というお店で、肩肉のちょんまげビール煮込み?のセットを頂く。
いつもは静かなお店なんですが、大声で話す団体客が居たのが残念(XX)
でも、箸で肉が切れるぐらいに軟らかい料理は、いつもながらおいしかった。
お店を出てから、日本一小さい噴火口を持つ火山としても有名な笠山へと向かう。
もう少しで頂上の手前から、海岸線へと降りて北端にある岬へ
この岬は虎ヶ崎といって、椿の群生林で有名なので、
駐車場所に車を置いて、咲いている椿を見ながら公園内を散策する。
日本各地から集めた椿は、まだ、まだでしたが、
大きな木には椿がぽつり、ぽつりと咲いていました。

帰りに萩のガラス工房に立ち寄って、海岸線を走って九州へ。

2007年1月31日

おかどめ幸福駅

おかどめ幸福駅 おかどめ幸福駅
名前の由来は、この岡留熊野座神社から付けられたそうです。
 ぜんぜん関係なさそうですが、地元では難を留めて幸せを祈る信仰が厚く。  その始まりは、鎌倉時代に戦乱の兆しを見せていた日本に大陸から蒙古軍が侵略
おかどめ幸福駅 この地から日本を守るべく出征するときに、善男善女を集めて、元(蒙古軍)を退治して国家の保安を祈願したそうです。
 結果は二度の蒙古襲来ともに神風が吹いて多くの艦船が沈没、これが要因で敗退していった。 有名な話ですよね、神風が吹いて日本の国に幸せをもたらしたという事で、幸福信仰としてこの地に根付いていったそうです。
 今でも公園の入口の鳥居には「幸福神社」と書いていて、この神社を中核に岡留公園として季節ごとの花が咲いているようです。
 んで、本題ですが、この神社の門前駅ということで名付けられたらしいです。
おかどめ幸福駅 おかどめ幸福駅

About 2007年1月

2007年1月にブログ「ねこまんまのつれづれ記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のアーカイブは2007年2月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


ニュース



Googleアフリエイト






楽天ショップ