« 転倒編 | メイン | おんせん編 »

正座編

05.jpg
 足が太いと困るのが正座。

学生の頃は暇を見つけては自転車で色々な所へと移動していた。 おかげでズボンは太ももが入らないので大きなサイズのズボンへと買い換えていた。 まぁ、お腹周りが緩々なので、胴回りもそれにあわせて大きくなった経緯はある。。



最近、困るのがお払い/祈願等の礼儀にうるさい所への出入り。

正座をしないといけないんでけど、ふくらはぎと太ももが大きいので、結果的に腰が中に浮いてしまう。

腰が中に浮くので、てこの原理で体重の数倍の重みが関節に加わってくる。

やばいと思って足を左右にずらして腰を足の上にと思うんだが、体が堅いので腰は中に浮いたまま。



右往左往しているうちに、足をズラソウとして前屈みになるは、膝は悪くないけど時間が経過すると痛みが走る。

結局は、足の悪い方は足を崩して良いですよと言われて、あぐらを組んで座ってしまう。



ちょっと恥ずかしい(*^^*)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2009年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

Pages

アフリエイト